2012年11月29日 (木)

チリ全公演終了!

今回は3回のソロリサイタルとその合間にチリ大学での

公開レッスン、急遽決まった日本人小学校での

レクチャー、とかなりのハードスケジュールでしたが、

昨夜で全公演を無事終え、

最終公演は予定数を大幅に超え約650人の方々が

集まり立見席も出る中、スタンディング・オベーションとなり

過去最高の盛り上がりをもって終えることができました。

566110_10151184458162737_839841388_

上の写真は、今回滞在中に練習場を提供してくださり

思う存分練習させてくださり、最終公演では素晴らしい

ベーゼンドルファーのフルコンサートグランド

ピアノを提供してくださった、楽器製作所Casa Mrkšaの

オーナーご夫妻と。

 

私が初めて練習場に行った日に出会い、

音楽や人生の話を情熱的に語ってくださった

オーナーご主人の91歳のお母様が、

その夜突然お亡くなりになるという信じられない

出来事から今回のチリ演奏旅行が始まりました。

305997_394216013988846_789008303__2

衝撃と悲しみを乗り越え、最終公演ではご冥福の祈りを

込めて、ショパンのノクターン遺作嬰ハ短調の

曲を捧げました。

31574_394215950655519_321743453_n

この曲は、その夜にお亡くなりになる前にお母様に

1曲聴かせてくださいと、リクエストされて演奏した

曲でした。すでに他の方の予約済だったものを懇願して

先約者の方に譲って頂き、リサイタルで弾かせて頂いた

ベーゼンドルファーのピアノも、その時に演奏した楽器でした。

 

あまりにもドラマティックな出来事でしたが、ご夫妻との

親交は深まり、コンサート後は「あなたは私たちの

ファミリーです、チリにきたら自分の家だと思って

ください」とおっしゃって抱擁をしてくださった時は

目頭が熱くなりました。

お母様のくださったご縁は一生の宝物となりました。

67813_394216107322170_374600420_n00

公演後のレセプションでは実に多くの方々が

温かく迎えてくださり、ジャーナリストの方々の

撮影なども入り華やかで盛大な賑わいとなりました。

702815_10151184582307737_17269990_3

コンサートを聴くために数時間かけて別の街から

わざわざいらしてくださったという、

ピアノを学んでいる姉妹と。

565947_10151184582362737_676474930_

今回の公演の共催者であり、3年来の親交を暖めて

いるアンドレス・ベジョ大学のカラディマさんの奥様

Alejandraと約1年半ぶりの再会の喜びを分かち合いました。

702243_10151184582332737_6134976__4

本当に真剣に静かに演奏に耳を傾けてくれた

小さい子供たちから求められ、一時サイン会状態に。

702302_10151184575592737_135419062_

Facebookを通して、真っ先に写真を送り続けてくださった

カメラマンの方と公演初日のガブリエル・ミストラル文化

センターでのレセプションにて。

 

声をかけてくださった方々の中には、3年連続で私の

演奏を聴き続けてくださっているといい、「毎回聴くたびに

成長しているあなたの演奏を来年もまた楽しみにしている」

と手を握りしめてお話してくださった方もいらっしゃいました。

 

実に多くの多くのチリの方々から心からの温かい言葉や

熱い抱擁を受けました。

音楽がすべての垣根を越えて、心と心の融合を

もたらすものだということを深く肌で感じた、

私にとっても感動のチリ最終公演となりました。

 

542686_394216113988836_862245739_n

"Team Rutsuko"と名付けられた皆さんと。

左から、Felipe Karadima氏(Universidad Andres Bello),

Paula Ruiz-Tagle(Universidad Andres Bello),

Santiago Meza氏(Deirecter of Teatro Municipal)、

森泰憲氏(President of Mitsui Chile Ltda.)と。

 

多大なサポートをくださった関係者の皆様と

チリの皆様に心からの感謝を込めて。

| | コメント (2)

2012年11月27日 (火)

エル・メルクリオ紙

201211260717260001_2

11/26のチリの全国紙 EL MERCURIO 紙に

インタビューが掲載されました。

公演初日前日に突然の取材の申し込みが入り、

急遽日本語で答えたものを三井チリの小野さんが

スペイン語に翻訳してくださり、掲載に至りました。

この場をお借りして心から感謝申し上げます。

 

明日はいよいよ今回のチリでの最終公演となります!

 

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

公開レッスン@チリ大学

20日と22日の公演の合間、21日は

チリ国立大学で公開レッスンを行ってきました。

Cimg2182001

非常に優れた3人のピアノ科の学生達が受講。

ドビュッシー、ラヴェル、リストの曲をレッスンしましたが、

学生たちは敏感な反応と豊かな感性で

レッスンに応えてくれました。

 

はじめての海外での公開レッスンでしたが、

音楽家は共通の言語を有し、精神性を共有するものだと、

改めて感じることのできた嬉しい経験となりました。

Cimg2203001

ラヴェルの鏡より「道化師の朝の歌」で受講した学生と。

Cimg2208001

校内の掲示板に張り出されていた公開レッスンのポスター。

Cimg2206001_6


ピアノ科教授の先生と一緒に。

| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

チリ演奏旅行

Cimg2209001

現在、公演のためチリのサンティアゴに来ています。

今回は3公演と公開レッスン、日本人学校でのレクチャー

という予定で訪智。

 

旧市街にあるガブリエル・ミストラル文化センターという

ホールで、20日と22日に2公演が終了。

初日は現地チリの錚々たる方々をご招待した

クローズドコンサート、2夜目は公開のリサイタルとなり、

予約券配布開始から1時間でチケットが無くなって

しまったということで、会場はチリのお客様で満席と

なり、いずれもスタンディング・オーベーションと

なる嬉しいチリ再々公演となりました。

Cimg2129001

上の写真は、初日前々日に会場を下見に行ったところ、

私の大きなポスターが張られている会場の前で

2年前のコンサートを聴きに来てくださっていて

「あなたのファンだ」と声をかけてくれた学生さん達と

一緒に撮った記念写真です。

2010年から毎年コンサートで訪れている

チリ、3年目の嬉しい出来事でした。

 

下の写真は、公演初日のレセプションにて

今回の主催者である三井チリの森社長(左から3番目)と

三井の皆さんと。

Cimg2168001


チリ大学での公開レッスン、日本人学校での

レクチャーの様子なども後日少しずつアップして

いきたいと思います。

| | コメント (1)

2011年5月 1日 (日)

チリ公演のご報告

Chile2011_001
アンドレス・ベジョ大学2011年コンサート・シリーズ・プログラム

4月4日に2週間の演奏旅行先チリから帰国してから

というもの、体調不良、長期にわたる時差ボケに

悩まされながら、コンクールの審査員、バッハ

(インヴェンション、シンフォニア、平均律)の公開

講座等々が続き、特に、バッハの講座までは、

試練の時期を過ごし、日々様々な想いの中で、

気づいたらすでに4月も終わり5月になって

しまいました。このブログを見てくださり、

応援し続けてくださっている皆さまには、ブログ

更新の遅延を心よりお詫び申し上げます。

Chile2011_006
公演プログラム

昨年7月に行われた南米チリの首都サンティアゴ市

でのリサイタルに引き続き、2度目の演奏旅行で

再訪した今回のチリでは、サンティアゴ市にて例年

開催されるアンドレス・ベジョ大学コンサート・シリーズの

オープニング・コンサートにてアンドレス・ベジョ・

フィルハーモニーとベートーヴェンピアノ協奏曲第4番を、

2夜目はサンティアゴ市から100キロほど離れた

世界遺産の街バルパライソにほど近い、ヴィーニャ・

デル・マールという街にてソロ・リサイタルを行いました。

Unab2
チリの全国紙"El Mercurio"紙に掲載された3/27のコンサートの
紹介と批評。

チリ三菱自動車とホテル・ラディソンの後援による

サンティアゴ公演では、800人ほどの客席が満席となり、

また、ヴィニャ・デル・マールでは、400人ほどの

ホールがやはり満場となり、前回に続き、いずれも

熱気に満ちたコンサートとなりました。

Unab12
"El Mercurio de Valparaiso"紙に掲載された
3/31のリサイタルの紹介。

2年目のチリ再訪は、今回の主催者で、今回の

チリ公演を実現させるべく奔走くださった、アンドレス・

ベジョ大学のカラディマ文化部長、リハーサル、

コンサートのみならず、滞在中日々行動を共にし

御世話をしてくださった指揮者のメッサ氏はじめ

現地の方々との密な交流あり、言語と文化の壁、

国境を超えた、心と心の絆によって結ばれ、実に

凝縮された実り豊かな時間を過ごして参りました。

Img_9880
3/27 Santiagoのコンサートにて演奏終了後、スタンディング
オーベーションとなった会場。

また、在チリ日本大使館の林大使ご夫妻、チリ

三井物産の森社長にも、公私にわたり、深い交流と

多大なサポートを頂き、地球の裏側で母国への想いを

共有し、日本人の絆というものを実感させてくださり、

恵まれた環境に、深い喜びと感謝の気持ちが溢れる

2週間の滞在となりました。

チリにて多大なご支援と何よりも一人の人間として

深く心で接してくださった方々に、この場をお借りして

心より感謝申し上げます。

Img_9991
3/31 Vina del Mar のリサイタルにて。アンドレス・ベジョ大学
学長より花束贈呈。

チリ公演の模様はインタビューと共に、チリ三井物産の

森社長が、日智商工会議所の5月会報に執筆・掲載

くださいました。公式サイトにて掲載のご承諾を

戴きましたので、是非こちらもご覧ください。

日智商工会議所5月会報「山岸ルツ子リサイタル
鑑賞報告(&インタビューと裏話)」:
http://www.rutsuko.com/m/rutsuko_yamagishi_
recital_report.html

Img_0026
3/31 Vinaa del Marでのリサイタル終了後会場にて地元の方々と。

今は、5月、6月のコンサートに向けて、今年前半

迎えた試練とそこで学んだ、人生において実に大切な

様々なことを演奏に昇華すべく、練習に励む日々です。

Img_0037
チリ三井物産の森泰憲社長と

日智商工会議所5月会報「山岸ルツ子リサイタル
鑑賞報告(&インタビューと裏話)」:
http://www.rutsuko.com/m/rutsuko_yamagishi_
recital_report.html

アンドレス・ベジョ大学公式サイト:
http://extension.unab.cl/concierto-franz-
liszt-temporada-vina-del-mar/

チリ全国紙 El Mercuiro 掲載記事はこちらから
ご覧いただけます。(スペイン語。下記のURLを開いた
後画像をクリックすると拡大します。):
http://www.rutsuko.com/m/unab2_3.jpg

 

 

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

一つ一つの想いを重ねて

チリでの初日のコンサートが終わりました。

日本の震災への想いを語ったスピーチの後、

多くの方々が駆け寄ってくださり、熱い抱擁と共に

「今、私たちの心は日本と共にある」、

「私たちの心は一つだ」、といった言葉を

一人一人本当に心を込めてかけてくださいました。

また、昨年のチリ公演以来、応援してくださっている

方々、日本にいるご家族と離れてチリに駐在されている

日本の方々も皆、想いを一つに重ねられています。

 

チリにいる間、こちらでも2度、地震がありました。

揺れるたびに、胸が騒ぎます。

今、私がいるところは、日本からするとちょうど

地球の反対側、でも、これほどまでに日本を感じ、

地球上に生きている人々が、今、日本が対峙している

現実と向き合い心を一つにしていることを感じたことは

ありません。私たちは、必ず乗り越えてみせる、

そう信じて止みません。

 

自分にできること、一つ一つ皆さんの想いと

重ねていきたいと心から願います。

6月、カワイ表参道にて全9公演に亘って行われる

東日本大震災チャリティーコンサートに参加します。

そして、東北地方太平洋沖地震で被災された

方々への復興支援金を募る「Smile Please」に

賛同します。http://smile-please.com/

皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

【東日本大震災チャリティーコンサート】

日時:6月7日(火) 12:00開演

場所:カワイ表参道 (東京)

*収益は全て義援金として日本赤十字社を

通じて寄付されます。

 

| | コメント (1)

2011年3月26日 (土)

言葉にならない想い

南米チリに到着してから5日が経ちました。

二日後の公演初日を控え、ホテルと練習室、オケとの

リハーサル会場を往復する毎日ですが、インターネット

ニュースで見る日本の現状に胸が締め付けられる

想いで過ごしている現実でもあります。

 

こちらにきてから、多くの人々に日本の震災に関して

言葉をかけて頂いています。昨年大地震を経験している

チリの人たちは多くの言葉を費やしません。同じ痛みを

経験している彼らの言葉は短く、けれども深く心に触れます。

 

一方、現地の新聞のインタビューや公演会場での

スピーチとして、公の場における日本の現状に

ついての意見を求められていますが、そんな中で、

言葉にならない言葉、複雑な感情が込み上げて

くるのを抑えることができない自分がいます。

 

今本当に日本が直面している現実、日々の生活の

中で今どのようなことに皆が直面しているのか、

どのような精神状態で日々過ごしているのか。

 

数日前まで日本にいた自分は、放射線の話しを

聞くと外にでるのが不安になり、水道水にヨウ素が

混じっていると聞けば、水道水を飲むのが怖くなり、

余震が起きればその度に胸がぎゅっとなる。

被災地の方々のことを想えば、そんなことで弱音を

言ってはいけないと思いつつも、心に覚えるなんとも

いえない不安感と生活全体に及んでいる不穏な空気。

これらのことを想うと、今自分が語っていることは、

やはり全てではないと思えてなりません。

 

言葉にならない想い。

今被災者の方々が対峙している現実、被災地以外でも

不穏な日々の中で苦しみを共有している皆さんのことを思うと、

やはり胸が締め付けられる想いで、今ここにいる

自分が苦しくなります。

今、私がいるところは、ミネラルウォーターも

食べ物もなに不自由なく手に入り、何もかもが、

今の日本とは考えられない別世界です。

 

家族や知人から、水道水を飲みたくない、子供に

飲ませたくないけれど、ミネラルウォーターが手に

入らない、とメールがきます。

今年大学を卒業予定で就職が決まっていた

生徒が、ご家族の強い意志のもと、就職をあきらめて

東京を離れる決断をしたと聞きました。これから

結婚を考え、いつかは子供を産むことを考えられる

年頃のお子さんを持った親ならば当然の判断である

ことだと思います。

 

誰もが、もっと正確な情報が欲しいと望んでいることでしょう。

誰もが不安の中で毎日を生きていることでしょう。

 

今自分にできることは、本当に限られていて、

日本が直面している現実を想うと、無力感だけに

捉われます。一方で、すでに日本の復興と未来に向けて

猛烈に働きかけている方々も身近におられます。

 

ともかく、今いる場所で、今の自分を精一杯

生きるしかありません。

心を強くもって乗り越えたい。皆で乗り越えたい。

ただ、そう願って止みません。

離れていても、心は一つです。 

かつてなく我が国を想い求める日々です。

 

被災者の皆さまには心からのお見舞いを申し上げると

共に、被災地の方々が一刻も早く心休まる状況へと

向かいますよう、日本が一丸となって復興の道を歩み

出すことを願って止みません。

 

 

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

エル・メルクリオ紙

Fotos_sociales_pianista_japonesa3_2
+拡大

 

7月8日チリで行われたリサイタルの模様が

チリのエル・メルクリオ紙(8/1)に掲載されました!

 

アンドレス・ベジョ大学、在チリ日本国大使館より

それぞれに記事のお知らせを戴きました。

 

エル・メルクリオ紙(El Mercurio)は

中南米で最古の歴史を持ち、チリで最も権威のある

新聞、とのことだそうで、また、「文化事業がこれほどの

スペースで報じられることは極めて希」との

大使館の西さんからのお話を伺い、そんな素晴しい

新聞に大々的に取り上げて頂けて大変嬉しい

気持ちで拝見していました。

 

左上には林大使ご夫妻の写真、右上の写真には

左から東京大学の山田興一博士とベジョ大学の

カラディマ部長、そしてインターネット総合研究所/

ナノオプトニクスエナジー代表取締役の

藤原洋社長の写真が掲載されていました!

その他コンサートにいらしていた各国大使の方々の

写真で、なんとも華やかに紙面が飾られていました。

 

チリでのコンサート時のことが懐かしく

思い出されました。

記事をお送りくださった関係者の方々に

この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

 

| | コメント (2)

2010年7月17日 (土)

チリ公演最終回

Dsc00542

大使公邸を後に向った先はサンティアゴ屈指の名所へ。

夜9時のダラス行き飛行機出発までの時間を使って

今回唯一の観光となったサン・クリストバルの丘へと

行ってきました。

Dsc00533

海抜880メートルにあるこの丘の頂上には、フランスから

贈られたという高さ14mの聖母マリア像(1908年)があります。

丘の中腹にはチリ最大と言われる動物園や現地日系

企業の援助を受けて造園されたという日本庭園あり。

出発の時間が迫っていた私たちは丘のシンボルである

マリア様を目指して頂上へ向かいました。

Dsc00553

頂上一歩手前まで車できて、わずかな

階段にも関わらず、かなり息切れした

情けなさに苦笑・・・。

Dsc00549

思わずマリア像のマネをしてみる観光客?

それにしても、頂上から見えたサンティアゴの景色の

素晴しいこと!

Dsc00561

アンデス山脈の最高峰(北南米最高峰・アジア以外の

大陸での最高峰でもある)アコンカグア(6960m)をはじめ、

6000mを超える高峰の山々に囲まれた都市サンティアゴ。

Img_24761

そのダイナミックな街の背景はあまりにも壮大で圧巻でした。

Dsc00571

帰りがけには、マリア像の下にこじんまりと佇む

教会に立ち寄り、十字架の前でお祈りを捧げて

サン・クリストバルの丘を後にしました。

Dsc00573

心洗われるひと時を過ごした教会。

Dsc00577

大使公邸からサン・クリストバルの丘観光→ホテル

→空港へと、長時間に亘り楽しい時間をお共してくださった

ハイヤーの運転手さん。スペイン語しか通じず、

互いに感覚だけでやり取りしていましたが、

サン・クリストバルの丘ではガイドさんもしてくれて

言葉はいまいちでも心は通じ合った素敵な

時間でした。良い思い出です。

Dsc00596

下の写真はなんとも微笑ましい偶然の瞬間を

捉えたものです。放し飼いのワンちゃんとカメラを

構える人。

Dsc00585

 

Img_25681

サンティアゴの街には野良犬や放し飼いの

ワンちゃんがいっぱいいます。

どんな人ごみの中でも安心してお腹を出して

寝ている彼等の姿を見てはじめは

驚きましたが、どのワンちゃんも穏やかで

人に慣れていて、なんとも平和。

街と人と犬が共存している街。

路上のワンちゃん達の表情にサンティアゴの

街と人の心が表れているように思いました。

[完]

| | コメント (4)

2010年7月16日 (金)

チリ公演その7(大使公邸にて)

Dsc00509
前列左から藤原洋氏(インターネット総合研究所/ナノオプトニクスエナジー
代表取締役)、山田興一博士(東京大学総長室顧問)、私、林在チリ日本国
大使ご夫妻、後列左から土居守教授(東京大学理学系研究科天文学教育
センター)、相原博昭教授(東京大学理学系研究科副研究科長)、森泰憲氏
(チリ三井物産社長)、高田宜史氏(ナノオプトニクスエナジー取締役)、
<西雅之氏(在チリ日本国大使館)

翌日は在チリ日本国大使公邸にご招待頂き、

素晴しい午後のひと時を過ごして参りました。

 

美しく晴れ渡った青空の下、開放感溢れる優美を極めた

大使公邸での昼食会では、日本の食材と日本人のシェフ

による素晴しい日本料理に舌鼓を打ち、海外にて故国の

美意識に触れ和の美の世界に想いを馳せるひと時となりました。

Dsc00520
林大使ご夫妻と共に。

公邸の中庭にて食後のコーヒーを頂いた後、記念撮影を。

Dsc00510

昨年延期された公演の時から現地にて

延期の手配に、そして今回の公演の準備に奔走された

在チリ日本国大使館の山本さん。リハーサルでは

スペイン語トークのご指導までもしてくださいました。

 

一つのコンサートに実に多くの方々のご尽力があり、

全ての方々に支えられ、舞台に立たせて頂いていることに

改めて深い感謝の念が溢れました。

また、チリの方々の暖かさと懐の深さと、海外にてご活躍

されている日本の方々の素晴らしいお人柄と暖かいお心に

触れ、それぞれの方々が自国でもしくは外国にて、

言葉や文化の壁を超えて心ある交流・活動をされている

ことを、まさにコンサートを通して肌で感じたこの度の

チリ滞在。様々な想いを胸に、何にも代えられない

大切なものを与えて頂いたように思います。

この場をお借りして、関係者の皆さま方には心から

深く感謝申し上げます。

[つづく] 

| | コメント (0)