2007年12月31日 (月)

感謝を込めて

今年もあっという間に最後の日を迎えました。

あっという間と言えど、振り返れば本当に

様々なことがありました。

一つ一つ、一日一日の出来事

一人一人との出会いとつながり

一曲一曲と向き合った時の想い

その全てが凝縮された一瞬一瞬の積み重ねでした。

そんな日々を過ごすことができ

演奏活動を続けてこれましたことに

ご支援くださった皆様に

心から感謝申し上げます。

皆さま、良いお年をお迎えください。

>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

Merry Christmas!

Image036_2

今年もあっという間にクリスマスを

迎えてしまいました。

ツリーを楽しむのも、もう少し。

皆さんはどんなクリスマス・イヴを

楽しまれましたか?

心を込めて、「メリー・クリスマス!」

>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (3)

2007年12月22日 (土)

京都

今年は紅葉の時期が例年より遅いということで、
12月初旬の京都では最後の色彩美を
楽しむことができました。

最終日、駆け足観光で訪れたのは、
東本願寺、東寺、雲龍院。
東本願寺は残念ながら工事中で、
御参りだけして急いで東寺へ。

Image015
東寺

南大門をくぐって講堂にて大日如来を中心とした
圧巻の仏像を見上げ、しばし密厳浄土の世界に
浸った後、閑散とした境内の奥に聳える
五十の塔に向かって静寂の散策を楽しみました。

その後、東山区にある泉沸寺に向かう予定を、
その奥にひっそりと佇む泉沸寺の別院に引き寄せられ
訪れたのは大正解でした。

Image030_2
雲龍院

タクシーの運転手さんが、普通は徒歩で行くところを
車で境内の院入り口まで連れていってくださり、
おまけに時間のない私を気遣って、ご親切に
メーターを止めて院内を案内までしてくださったお陰で
私たち以外一人もいない静かでこじんまりとした院内を、
短時間にも関わらず心行くまで楽しむことができました。

泉龍寺の奥にひっそりと佇む雲龍院は、簡素で
趣のあるしっとりとした、それでいて四季折々に美しい
変化を見せるという庭園の草花が華やかに彩りを添え、
何ともいえない優美な空間。

その彩と形式の美しさを愛でながら写経や抹茶を
愉しむこともできます。

Image033

かねてから自分の中にある京都の寺院のイメージを
追い求めていましたが、まさにその理想に
ぴったりとあてはまる場所を見つけ
至福のひと時。

タクシーの運転手さんのご好意も受けて
本当に素敵な時間でした。

Image036
案内してくださったタクシーの運転手さん。雲龍院入り口にて。

旅の出会いはその街の印象までをも変えてしまうほどです。

そして、雲龍院、おすすめです。

--

【雲龍院】
寺号:瑠璃山雲龍院(泉涌寺別格本山)
宗派:真言宗泉涌寺派
拝観料:200円
拝観時間:9:00-16:30
住所:京都市東山区泉涌寺山内町36

-泉涌寺への行き方-
・京都市バス202、207、208系統で「泉涌寺道」バス停下車、徒歩10分
泉涌寺の本坊から奥へ約徒歩5分。

--

【京都おすすめ以外食!】

滞在2日目にラーメン好きの私のために
カワイの富山さんが連れて行ってくださった
美味しいラーメン屋さん、「新福菜館」。

Image003 Image001
ここのスープはびっくりするようなこげ茶色。
焼き飯も美味!

Image004

知る人ぞ知る、くせになる秘伝の味を是非お試しあれ!

>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (3)

2007年12月10日 (月)

不覚。

大変長らくご無沙汰しております。。。

今年最後の公演で訪問した大阪・京都、

充実の時間のご報告は山ほどあるのに、

4日に帰宅直後から風邪をひき、寝込んでいます。。。

疲れがでたのか、緊張の糸が緩んだのか・・・。

今日はだいぶ回復しましたが、声がほとんど出ません・・・(;_;)

お待たせしている皆さま、本当にごめんなさい!

元気になり次第、大阪・京都滞在記を連載していきたいと

思いますので、今しばらくお待ちください~。

>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (2)

2007年10月31日 (水)

ハロウィーン

今日はハロウィーン。

小さい頃、ハロウィーンと聞けば、
何週間も前から胸踊り、ワクワクしながら
待ち遠しさいっぱいで迎えた、
クリスマスに次ぐ大イベントでした。

特に幼少の頃過ごしたフィリピンのマニラでは、
楽しい思い出がいっぱい。

仮装をしてお化粧をしてもらって、
お友達と、どこそこの地域はたくさんお菓子がもらえる、
などと様々な策を練りながら、大きなピローケースを持って
目指すビレッジ(住宅街)へ。

「トリック・オア・トリート
(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」
と唱えながら、表に蝋燭で燈されたパンプキンの飾ってある
各家をまわり、キャンディーやチョコレートなどで
いっぱいになったピローケースを持って、おうちに帰る。

帰ってからお菓子を広げる喜びといったら!

今でもハロウィーンになるとちょっとワクワクしてしまう、
大切な思い出です。

皆さんはどんなハロウィーンを迎えましたか?

さて、今週末からは公開レッスンとコンサートのために
福岡に行って参ります。
初めての福岡、楽しみです。

またご報告します!

こちらも!>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (2)

2007年10月26日 (金)

産みの苦しみ

ものを表現していくうえで一番難しいのは、

何をいかに伝えるか、伝わるか、ということだと最近殊に思う。

アートにはそこに理論と美と高潔が加わる。


「表現」の幅には限りがなく奥深い。

試行錯誤の末の到達点というものはなく、

研ぎ澄まされる感性、深い情熱と洞察力、

表現する術と明晰で確固たる意志の、

鍛錬と継続にほかならない。


これ全て、自身に言い聞かせたいこと。

ならば、実行あるのみなのですが。。。

ちょっと理屈っぽい今宵の私です・・・。


お願いします!>>ブログランキング

--

by Rutsuko

| | コメント (5)

2007年10月 9日 (火)

レッスン@レプレ新宿

昨日は、カワイ・レプレ新宿でレッスンをしてきました。

生徒さんは主に、カワイの講師の方々です。

自らも教えていながら、ご自身の演奏を高めるために

コンクールを受けられたり、こうしてレッスンを受けにこられ、

純粋に真剣に音楽と向き合っている皆さんとの

熱気に満ちた真剣勝負のレッスン、

私にとって密度の濃い、大変有意義で楽しい時間です。


家に篭って一人で音楽と向き合う時間が長い日常の中で、

共に音楽の道を歩み、探求し続け、音楽を愛する者同士、

「音」で対話しながら曲と向き合い、

音楽の中で心と心が共鳴する時間。

最近そんなレッスンが楽しくて仕方がありません。

--

>>ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (2)

2007年10月 4日 (木)

秋の夜更けに

秋の「音」、といえば、皆さんは何を想うでしょうか。


相変わらず夜型の私は、夜中の3時に練習を終え、

庭に出て一服するのが日常になっている。


星が煌く夜空もめっきり秋の空気を漂わせ、

心地よいしっとりとした夜風が通り過ぎる中、

しんと寝静まった辺り一帯、耳に届けられるのは、

幾重にも重ねられたすず虫の透き通った声音である。

合唱というよりも合奏に近いその響きの

秋を深く感じさせること。


移りゆく季節と共に自然の中に存在するものの

豊かさと美しさに静かに心奪われる瞬間。

この枯れた季節が大好きです。

--

**ブログランキング**

by Rutsuko

| | コメント (5)

2007年9月26日 (水)

美酒

Img_058

静かに流れるバロック音楽、上質なシガーの香り立ち上る中、

マスターの愛と情熱が秘められた数々の美しいコレクションに

囲まれ、会話弾み心和む粋なひと時。

世界から選び抜かれた銘酒が、伊万里の影響を受けた

百年前の仏製アンティーク・グラスに注がれる。

想いは百年の時を遡り、耳に心地よく、触れる喜びをもって

香りに酔い、視線の先に美を見出し舌で味わう。

五感全てが開かれる時。

「美酒」とは、その全ての美が完結された時間と空間の中で

初めて味わえるものなのかもしれません。

音楽もしかるべく。・・・・かな。

--

**ブログランキング**

by Rutsuko

| | コメント (4)

2007年9月13日 (木)

秋薫

ついこの間までの厳しい残暑が嘘のように、

日が暮れると肌寒いほどに涼しくなってきました。


雨が降るたびに、

秋の気配が色濃くなるこの季節。

なんとなく切なさを感じる空気と風景の色彩が

人を内向的にさせる、と想うのは私だけでしょうか。


芸術の秋、もうすぐ到来。


--

**ブログランキング**

by Rutsuko

| | コメント (5)

より以前の記事一覧