« 浜離宮朝日ホール | トップページ | お年賀 »

2012年1月 2日 (月)

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

昨年も皆さまに支えられ、音楽活動を続けることが

できましたこと、心より深く感謝申し上げます。

 

自身の可能性への勝負をかけた年と、決心を

もって挑んだ2011年は、東日本大震災の直後、

重い心に鞭打つように向った南米チリでの公演に

始まり、東日本大震災復興支援チャリティーコンサート、

全国各地での公演をめぐり、11月浜離宮朝日ホールでの

4年ぶりの東京自主公演で山場を迎える

こととなりました。

 

振り返れば、一公演一公演、様々な場所、

心ある人々との交流の中で、想いを分かち合い、

支えられ励まされながら、多くの想いを胸に

試練を乗り越えてきたように思います。

またそれは、日本が直面した多大な危機と困難を

乗り越えようとする、一つの大きなうねりの共鳴の中で

歩み続けた試練の日々でもあったように思います。

 

唯一の個性の集合体の中で人は独りで生きるにあらず、

この世のあらゆるものとのつながりの中で生き

生かされているのだということを、改めて感じた次第です。

それゆえに、各々たった一つしかない個性を存分に

輝かせてこそ、集合体は更なるエネルギーを増し

未来を創っていくものなのではないかと感じています。

自分を生かす道は自分の中にこそあり、わが道を

作り続けながら歩んでこそ、活きる個性と集合体。

 

新たなる道の開拓は、絶えざる破壊と創造の

繰り返しのように思います。

破壊を恐れることなく、創造の喜びを持って

2012年、「革新」へと向って参りたいと思います。

 

今年も皆さまと共に在り、今というこの時を分かち合い

前進できますことを心より願っております。

2012年が皆さまにとって実り多き日々となりますように。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

|

« 浜離宮朝日ホール | トップページ | お年賀 »

コメント

2012年の幕が上がりました

地震・水害と災害で暮れた昨年ですが
迎えた、この年は少しでも幸が多い年に
なりますよう・・・願ってる爺です

人は1人であらず、気付けば回りに見ていてくれる
人が必ずいます・・ただ、それを気付かないだけ!

試練を乗り越える事は、ものすごい勇気のいる事でしょうが
試練を乗り越えるほどルツ子さんの器が大きくなります
そして・・自信がつく・・・今まで以上に・・と
思ってますよ

こんな爺で申し訳御座いませんが
迎えた、この年も、お付き合い頂けたら幸いです

投稿: | 2012年1月 3日 (火) 11:06

お世話になります。とても良い記事ですね。

投稿: バーバリー トートバッグ | 2013年1月16日 (水) 19:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 浜離宮朝日ホール | トップページ | お年賀 »