« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月16日 (月)

カワイ表参道

Ph_3f_01
カワイ表参道3Fグランドピアノフロア 写真提供:(株)河合楽器製作所

1月中は度々午後の時間に、カワイコンサートで

お世話になっている河合楽器製作所のカワイ

表参道で練習をさせて頂いています。

 

気心知れた、暖かいファミリーのような

スタッフの方々に静かに見守られながらの

時空間は、なんとも言えず心暖まるものです。

集中できる環境の中で、新たな境地を

開拓すべく、主に基礎練習と新プログラムの

譜読みに取組む毎日です。

 

ここ表参道ショップは、地下1階が音楽教室、

1階は楽譜や書籍、電子ピアノなどが並び、

2階はShgeru Kawaiフルコンサート・グランドピアノ

が設置されたコンサートホールがあり、連日様々な

イベントが開催されています。

私が練習させて頂いている3階は、

グランドピアノフロアとなっており

数々の名器が並ぶ他、防音室の展示室

兼スタジオなどがあります。

 

ピアノや防音室のご購入をご検討されている方は、

是非一度、3階のグランドピアノフロアに遊びに

いらしてみてはいかがでしょうか。

1月中は私も練習に通っていますので、見かけられた

際には、お気軽にお声をかけて頂けたら嬉しいです。

  

ちなみに、2階のパウゼでは、私がいる間にも、

同門の干野宜大先生の門下生演奏会や

一昨日はピアニストの田崎悦子さんの

コンサート、今月25日には、桐朋の先輩であり

バンクーバー時代に親しく交流させて頂いていた

ピアニストの田中希代子さんとヴァイオリニストの方との

コンサートなどが予定されており、その他にも

毎日イベントが行われています。

 

追伸:先日カワイ表参道のスタッフブログに私のことも

書いてくださっていました。こちらも是非ご覧ください。

http://omotesando.blog.kawai.co.jp/

  

カワイ表参道:
http://shop.kawai.co.jp/omotesando/index.html

カワイ表参道レンタルスタジオ:
http://shop.kawai.co.jp/omotesando/floor/3f.html#rental_room

| | コメント (3)

お年賀

先日は久しぶりの知人のご自宅で

夕食をご馳走になりました。

美味しい手料理とシャンパンを片手に

話は弾み、時間はあっという間に過ぎて

気付けば深夜までお邪魔してしまいました。

Dsc_0212

帰りにお土産に頂いたのは、私のために

取り寄せてくださっていたという、京都祇園

鍵善良房の和三盆糖製干菓子「園の賑い」。

Dsc_0216  

お年賀の包みを開けるとお正月に相応しく

なんとも華やかな色彩が胸を弾ませます。

幼少の頃から海外生活が長かった私にとって

日本のお年賀というものを実に新鮮に

感じた瞬間でもありました。

来年からは私も見習って、このような素敵な

お年賀のご挨拶をもって、知人宅に

伺いたいなぁ、と思いました。

 

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

昨年も皆さまに支えられ、音楽活動を続けることが

できましたこと、心より深く感謝申し上げます。

 

自身の可能性への勝負をかけた年と、決心を

もって挑んだ2011年は、東日本大震災の直後、

重い心に鞭打つように向った南米チリでの公演に

始まり、東日本大震災復興支援チャリティーコンサート、

全国各地での公演をめぐり、11月浜離宮朝日ホールでの

4年ぶりの東京自主公演で山場を迎える

こととなりました。

 

振り返れば、一公演一公演、様々な場所、

心ある人々との交流の中で、想いを分かち合い、

支えられ励まされながら、多くの想いを胸に

試練を乗り越えてきたように思います。

またそれは、日本が直面した多大な危機と困難を

乗り越えようとする、一つの大きなうねりの共鳴の中で

歩み続けた試練の日々でもあったように思います。

 

唯一の個性の集合体の中で人は独りで生きるにあらず、

この世のあらゆるものとのつながりの中で生き

生かされているのだということを、改めて感じた次第です。

それゆえに、各々たった一つしかない個性を存分に

輝かせてこそ、集合体は更なるエネルギーを増し

未来を創っていくものなのではないかと感じています。

自分を生かす道は自分の中にこそあり、わが道を

作り続けながら歩んでこそ、活きる個性と集合体。

 

新たなる道の開拓は、絶えざる破壊と創造の

繰り返しのように思います。

破壊を恐れることなく、創造の喜びを持って

2012年、「革新」へと向って参りたいと思います。

 

今年も皆さまと共に在り、今というこの時を分かち合い

前進できますことを心より願っております。

2012年が皆さまにとって実り多き日々となりますように。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »