« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月30日 (土)

インターネット数理科学の香り

だいぶ前のことになってしまいましたが、、、

7月16日から18日にかけて、群馬県玉原高原にある

東京大学玉原国際セミナーハウスで行われた

インターネット数理科学研究会合宿に参加して

きました。

51yxf3yvayl__sl500_aa300_2

2007年より毎夏行われ、今年で5年目を迎える

このセミナー、実は以前にもブログでお伝え

したことがありましたが、私は2007年08年と

参加、今年は3年ぶりの復帰となりました。

201107182

とある縁がきっかけで参加したこのセミナーは

インターネット分野の研究者と数学者が集まって

各々講演を披露し、互いの知識と意見を交換し合う

という稀有な場。

何故そこに私がいるのかは謎ですが、

今年は、私も音楽という更なる異分野を持ち込んで

2夜連続(!)演奏を披露して参りました。

283059_176593179074982_100001729024

講演会場が一変してコンサート会場に。

満点の星空の下、美しい数式が浮かんでは消え、

その残像が残る宇宙的な空間の中で、暖かい心と心が

反響し合う狭間に奏でる音が響きわたることの幸せ。

緊張の中にも、なんとも言えない喜びが溢れました。

282695_176592615741705_100001729024

世界的な数学者である先生方の講演は、

音楽しか学んできていない私が理解するには非常に

高い壁のあるものでしたが、それでも先生方の数学と

向き合う姿勢、純粋な情熱と高潔な精神性が

感じられる講演は、数学という美しいミクロコスモスの

世界を垣間見せてくださるものであり、

そこにいるだけで、その空気に触れているだけで

深い感銘を与えられるものでした。

 

インターネット関連の研究者の方々の講演は

今や私たちの生活の一部となっているPCや

インターネットの構造をわかりやすく学べる

ものであり、グローバルに即座に手軽に情報を

共有する現在に生きる私たちに、物事と向き合う

人間本来の基本姿勢、倫理とはといった疑問を

投掛けるもののように思いました。

道具が変わっても手段が変わっても、人と

人をつなぐものである限り、本来あるテーマは

変わらないのだと、そんなことを考えさせられる

意義深いものでした。

 

異分野の、けれどもどこか根底で共通するものが

感じられ、垣根を越えて深い共感を覚えるのは、

集まった方々の純粋な好奇心と美しい心が

なせる業なのかもしれません。

268309_176594002408233_100001729024

朝から夕方にかけての講演の合間には

お昼休みを利用した山登り。

281224_176595042408129_100001729024

鶯の声が響き渡り、大自然の呼吸を感じながらの

ハイキングは、心洗われる爽快感溢れるひと時でした。

282457_176594802408153_100001729024

深夜まで絶えないディスカッション。思いがけない

来訪者に心砕く皆さんの姿が微笑ましい場面も。

283238_176593792408254_100001729024

このこうもりは、案外と簡単に捕らえられ、事無く

無事に外界に戻されました。

281732_176594585741508_100001729024

充実した幸せの空気に包まれる空間とは、そこに

集まる人々の心のありようによって生まれるの

だということを感じながら過ごした凝縮された3日間。

幸せな幸せな玉原3回目の滞在となりました。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

小山透氏出版記念コンサート

201107152
左から:仰木裕嗣氏、村井純氏、私、小山透氏、藤原洋氏、
吉田宇一氏、亀井哲治朗氏。

7月15日慶應義塾日吉キャンパス藤原洋記念ホールで

行われた小山透氏出版記念パネルディスカッション&

コンサートには、たくさんの方々がお集まりになり、

盛況の中、無事今年前半期最後の公演を終えることが

できました。

「科学技術系のライティング手法」
小山透 著(慶應義塾大学出版会)

__1

今回は第1部に、藤原洋氏司会のもと、小山透氏

(近代科学社)、吉田宇一氏(岩波書店)、内村直之氏

(朝日新聞社)、亀井哲治朗氏(亀書房)、仰木裕嗣氏

(慶大SFC准教授,スポーツ科学/工学)の、

主に長年に亘り編集に携わっている、各分野のプロの

方々によるパネルディスカッションが行われ、

各々の生き様と編集にかける想い、そして、何よりも

科学技術への熱い想いを根底に、どの分野にも

通じる「基本」に迫る、大変意義深いディスカッションが

行われました。

 

楽屋でお会いした時の先生方は皆、私のような若輩者にも、

暖かく丁寧で身近に接してくださり、明るくオープンで自由な

雰囲気。小さい頃から、新聞記者や編集者の方々と

ご縁があったせいか、先生方の醸し出す雰囲気とフランクな

お人柄は、昔から知っているような懐かしさと親しみが感じられ、

その後に続く二部のコンサートでは、のびやかな気持ちで

演奏をさせて頂けたように思います。

 

仕事に情熱を傾け、思慮深き心ある人々が集まる場は

いつも本音勝負、静かに敬虔に、けれどダイレクトに

訴えかけるその情熱こそが、何よりも同じ空間を共有する

人々を幸せにするものなのかもしれない、と感じられた

藤原ホールでの一日でした。

 

こけら落とし以来、今回で6回目となる藤原洋記念ホール

でのコンサート、私にとってホームとも言えるこのホールに

育てて頂いているといっても過言ではありません。

演奏活動を続けていくうえで、想い入れが深まる

コンサートを積み重ねられることの幸せを感じる

この頃です。秋には、ホール創立3周年記念コンサートが

予定されています。更なる自身への挑戦の場として、

また、感謝の気持ちを込めて演奏できるよう、

励んで参りたいと思います。

 

関係者の皆さま、舞台裏で準備に奔走され全力でサポート

してくださったスタッフの皆さま、ご来場くださった方々には、

このような素晴らしい機会を頂きましたこと、この場を

お借りして心より感謝申し上げます。

 

 

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

カワイコンサート長岡公演レポート

6月1日に新潟・長岡NCホールで行われた

カワイコンサートの模様が、河合楽器製作所の

ウェブサイトに紹介されました。

http://kawai-kmf.com/kawai-concert/2011/06.01/report/

 

長岡でのリサイタルは、2005年5月にカワイコンサートで

弾かせて頂いて以来、6年ぶりとなりました。

その間、2006年より毎年公開講座に招いてくださった

カワイ音楽教室(長岡事務所)指導講師の池田先生には、

まだ講座に不慣れな未熟な私を忍耐強く、愛を持って

見守って頂き、講座の経験を積み重ねる機会を

与えて頂きました。

 

私にとって大変想い入れの深い場所、長岡でのコンサート、

この場をお借りして、カワイ関係者の皆さま、

ご来場頂いた皆さまに心より感謝申し上げます。

 

またいつか、長岡NCホールで演奏できることを願って、

良い演奏で皆さまのお気持ちにお応えできるよう、

大きな励みにして、一層精進して参りたいと思います。

 

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »