« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月 5日 (木)

永遠に求め続けるもの

生きている限り、求め続けるもの。

それは、例えば私にとって

唯一の愛。唯一の音楽。唯一の場所。

 

「唯一」。

何故なら、それは、形を変え、異なる対象であっても、

全ては自分という唯一の人間の所在を求め続けて

いるものであることに他ならないからである。

そしてそれは、この世のあらゆるものが

変化し続けるものであるが故に、永遠に追い求め

続けるものなのかもしれない。

 

自然も、人も変化し続ける。

巡る季節の自然の美しさも、刻一刻と変化し続け、

似ていても、二度と全く同じ景色はないのだ。

全ては奇蹟の一瞬の連続。

そのように考えた時、私たちは一瞬として

止まってはいないのだから、そもそも

所在などというものは無いのではないだろうか。

 

生れてから死に至るまで、ダイナミックな

生の流動の中で自分の内なる所在を求め続ける、

それは、純粋な生命の運動なのかもしれない。

 

2011年5月5日

奥湯河原にて

 

| | コメント (1)

2011年5月 1日 (日)

チリ公演のご報告

Chile2011_001
アンドレス・ベジョ大学2011年コンサート・シリーズ・プログラム

4月4日に2週間の演奏旅行先チリから帰国してから

というもの、体調不良、長期にわたる時差ボケに

悩まされながら、コンクールの審査員、バッハ

(インヴェンション、シンフォニア、平均律)の公開

講座等々が続き、特に、バッハの講座までは、

試練の時期を過ごし、日々様々な想いの中で、

気づいたらすでに4月も終わり5月になって

しまいました。このブログを見てくださり、

応援し続けてくださっている皆さまには、ブログ

更新の遅延を心よりお詫び申し上げます。

Chile2011_006
公演プログラム

昨年7月に行われた南米チリの首都サンティアゴ市

でのリサイタルに引き続き、2度目の演奏旅行で

再訪した今回のチリでは、サンティアゴ市にて例年

開催されるアンドレス・ベジョ大学コンサート・シリーズの

オープニング・コンサートにてアンドレス・ベジョ・

フィルハーモニーとベートーヴェンピアノ協奏曲第4番を、

2夜目はサンティアゴ市から100キロほど離れた

世界遺産の街バルパライソにほど近い、ヴィーニャ・

デル・マールという街にてソロ・リサイタルを行いました。

Unab2
チリの全国紙"El Mercurio"紙に掲載された3/27のコンサートの
紹介と批評。

チリ三菱自動車とホテル・ラディソンの後援による

サンティアゴ公演では、800人ほどの客席が満席となり、

また、ヴィニャ・デル・マールでは、400人ほどの

ホールがやはり満場となり、前回に続き、いずれも

熱気に満ちたコンサートとなりました。

Unab12
"El Mercurio de Valparaiso"紙に掲載された
3/31のリサイタルの紹介。

2年目のチリ再訪は、今回の主催者で、今回の

チリ公演を実現させるべく奔走くださった、アンドレス・

ベジョ大学のカラディマ文化部長、リハーサル、

コンサートのみならず、滞在中日々行動を共にし

御世話をしてくださった指揮者のメッサ氏はじめ

現地の方々との密な交流あり、言語と文化の壁、

国境を超えた、心と心の絆によって結ばれ、実に

凝縮された実り豊かな時間を過ごして参りました。

Img_9880
3/27 Santiagoのコンサートにて演奏終了後、スタンディング
オーベーションとなった会場。

また、在チリ日本大使館の林大使ご夫妻、チリ

三井物産の森社長にも、公私にわたり、深い交流と

多大なサポートを頂き、地球の裏側で母国への想いを

共有し、日本人の絆というものを実感させてくださり、

恵まれた環境に、深い喜びと感謝の気持ちが溢れる

2週間の滞在となりました。

チリにて多大なご支援と何よりも一人の人間として

深く心で接してくださった方々に、この場をお借りして

心より感謝申し上げます。

Img_9991
3/31 Vina del Mar のリサイタルにて。アンドレス・ベジョ大学
学長より花束贈呈。

チリ公演の模様はインタビューと共に、チリ三井物産の

森社長が、日智商工会議所の5月会報に執筆・掲載

くださいました。公式サイトにて掲載のご承諾を

戴きましたので、是非こちらもご覧ください。

日智商工会議所5月会報「山岸ルツ子リサイタル
鑑賞報告(&インタビューと裏話)」:
http://www.rutsuko.com/m/rutsuko_yamagishi_
recital_report.html

Img_0026
3/31 Vinaa del Marでのリサイタル終了後会場にて地元の方々と。

今は、5月、6月のコンサートに向けて、今年前半

迎えた試練とそこで学んだ、人生において実に大切な

様々なことを演奏に昇華すべく、練習に励む日々です。

Img_0037
チリ三井物産の森泰憲社長と

日智商工会議所5月会報「山岸ルツ子リサイタル
鑑賞報告(&インタビューと裏話)」:
http://www.rutsuko.com/m/rutsuko_yamagishi_
recital_report.html

アンドレス・ベジョ大学公式サイト:
http://extension.unab.cl/concierto-franz-
liszt-temporada-vina-del-mar/

チリ全国紙 El Mercuiro 掲載記事はこちらから
ご覧いただけます。(スペイン語。下記のURLを開いた
後画像をクリックすると拡大します。):
http://www.rutsuko.com/m/unab2_3.jpg

 

 

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »