« フィレンツェ便り4・最終回 | トップページ | 雨降って地固まる »

2009年5月 6日 (水)

チリ公演延期

Jornal
公演延期の告知記事

本来ならば今頃チリのサンティアゴにいて

明日の本番に向けて必死にリハーサルを

していたところですが、残念ながら、この

チリ公演は延期となってしまいました。

 

今回のチリ公演は、東京大学がチリに建てた

アタカマ天文台の開所式に伴ったもので、

東大と在チリ日本大使館とアンドレス・ベージョ

大学共催の大規模なコンサートとなるはずでしたが、

今回の新型インフルエンザで式典と共に延期と

いう判断に至り、非常に残念な結果となって

しまいました。

Chile_2
公演案内の記事

 

一つのコンサート開催に至るまでには何ヶ月も前から

多くの人が携わり、コンサートの成功に向けて

準備に奔走します。

演奏者も主催者も共に一つの目的に向かう動きが

本番が近くなるにつれ一つの大きな渦となって

エネルギーが高められ迎えるコンサートとは、

当日集まるお客様を迎えて初めて目的達成に至ります。

 

物事の判断とは、実に多くのことが複雑に絡み合い

それぞれの想いが深ければ深いほど、難しいものです。

決断するまでの難しさ、また、至ったあとの

心の整理というものもなかなか時間がかかるもの

なのかもしれません。

 

9歳の時にはじめて行うことになったソロ・コンサートは、

テレビ局やら新聞社が入り多くのお客様に期待された、

幼いなりにもかなりのプレッシャーを感じるものでした。

けれどあいにくの雨に降られ野外公演だっため

公演は一週間後に雨天延期となってしまいました。

そのときも、最終判断が下されるまで延期と決行の

狭間で心はちぢに乱れ、判断後は整理のつかない心

を持て余したのを思い出します。

 

公演延期はそれ以降今回のチリに至るまで

経験せずにきましたが、大人になってから初めて

経験した公演延期は、子供のころよりもちょっぴり

複雑な形になって心に影をおとしたようです。

 

今回の公演は、1000人の来場予定、大々的にメディアに

取り上げられるなど、かなり期待の高まったものでした。

なんといっても、現地で準備に奔走された方々の

お気持ちを察すると心が痛み、また、

楽しみにしてくださっていた

お客様方々の期待に応えられなかったことに、

やるせなさが残るばかりです。

 

関係者の方々、チリのお客様の想いに応えるためにも

いつかより一層良い演奏をお聴き頂けるよう、

その日が来るのを願って止みません。

 

今は気持ちを切り替えて、

5月23日の慶応でのコンサートに向けて

今回のチリの分も想いを込めて

頑張って参りたいと思います。

 

|

« フィレンツェ便り4・最終回 | トップページ | 雨降って地固まる »

コメント

Swine flu によるアクシデントとは。
その分も23日の横浜、頑張って下さい。

投稿: | 2009年5月 7日 (木) 16:20

フィレンツェ・・・おかえりなさい!

チリ公演は延期ですか・・・・
さぞかし気合も入っていただろうに・・・・。

延期か続行か・・決めるにも勇気がいる・・!
公演にたずさわる多くの人々
また、その人々や観客に弾いて応える・・・
その両面から考えても残念ですよね

でも・・何事も前向きに考えファイトーhappy01

投稿: | 2009年5月 9日 (土) 00:42

チリ公演、残念でしたね…ルツ子さんをはじめ、スタッフの方々の思いはいかばかりかと思います。今回の新型インフルエンザの流行で、たくさんの方が同じような思いをされていると思います。準備を積み重ねていても、突然のアクシデントで軌道修正を迫られることは、どんな場合においてもあり得ることですね。そうした経験があるからこそ、無事実施できたときの喜びもさらに大きなものとなっていくのでしょうね!慶応でのコンサートが無事におこなわれ、大成功となりますように、お祈りしています。

投稿: ruth | 2009年5月16日 (土) 11:37

>名無しさん
コメントありがとうございます。
チリの分も横浜公演頑張って参ります!

>爺さま
ポジティブに捉えることは大切ですね。今回の件でチリの方々とも一層想いが通じ合い、気持ちは本当に大切だなー、と思いました。
爺様にはいつもお優しいお気遣いを頂き癒されております。お気持ちのこもった励ましのお言葉、ありがとうございました!

>ruthさん
ハートフルなメッセージ、ありがとうございました。「軌道修正」というお言葉にはっと致しました。良い言葉ですね。今回のチリの件でも、お互いコンサートに対する気持ちは一致し、「キャンセル」ではなく「延期」に、そして次回への約束となりました。「止まる」のではなく「軌道を修正する」。様々な経験を積んでこられたからこそ出てくる深いお言葉、尊敬の念は深まるばかりです。
今度の慶応のコンサート、無事行われることを祈るばかりです・・・。

投稿: るつこ | 2009年5月16日 (土) 16:11

It is actually a nice and helpful piece of information. I am satisfied that you shared this helpful info with us. Please keep us up to date like this. Thank you for sharing.

投稿: Guy Schudel | 2013年3月10日 (日) 19:31

I am extremely impressed with your writing skills and also with the layout on your weblog. Is this a paid theme or did you modify it yourself? Anyway keep up the excellent quality writing, it is rare to see a nice blog like this one today

投稿: Teodoro Lanoie | 2013年3月12日 (火) 04:44

この記事へのコメントは終了しました。

« フィレンツェ便り4・最終回 | トップページ | 雨降って地固まる »