« 藤原洋記念ホールこけら落しコンサート | トップページ | 充電期 »

2008年10月 6日 (月)

八戸カワイコンサート

1回1回のコンサートには、本当に

語りつくせないドラマがあります。

 

何ヶ月も前から楽しみにしていた初めての

青森県八戸でのコンサートは、ほぼ満席の、

じつに多くのお客様がお集まりくださり、

ホットな雰囲気の中、会場のお客様に

盛り上げられ、その時の心情や思わぬ面が

引き出された私にとって稀有のコンサート

となりました。

 

今回の八戸公演、内心では一つの大きな

試練でもありました。

その6日前にあったコンサートでの完全燃焼の後に

襲われた虚脱感と虚無感から這い上がる

困難と立ち向かった日々。

それまでためにため込んだものを全て放出する

コンサートは、時に自らを空っぽにしてしまう

危険性が伴います。

けれど空っぽのまま次のコンサートでの

演奏はありえません。

今回は、そんな試練に遭遇することになりました。

けれど、ふり絞る想いで向かった八戸公演は、

演奏することは一人では無いということを

実感させられるものとなりました。

 

本当に楽しみに待ち望んでくださっていたお客様、

そしてそれまでに多大な準備に奔走された

スタッフの皆さまの熱い気持ちは一つになり、

その想いは、空っぽになってしまったと思っていた

私の心を一瞬にして潤おし、そして心の

奥底にあったものが引き出され、

自分でも驚くほど、まさにその瞬間に

自然と音となって私の中の偽りのない真実を

溢れださせました。

これがコンサートの醍醐味なのかもしれません。

 

サイン会では、ピアノが大好きと満面の笑みで

応える子供達、それぞれの感想を興奮気味に

話してくれた元気一杯の高校生、

「どうしても聴きたくて」と話してくださった

仙台からいらした男の子とそのお母さま、

そして、「溢れる想いが伝わってきました」

とおっしゃってくださった方、

素直に嬉しいと言える瞬間でした。

 

様々な想いを持って訪れた八戸。

公演の翌朝、漁港から白浜海岸までの

海岸沿いをドライブに連れて行っていただき、

その様々な姿を堪能して参りました。

特に白浜海岸に近い松林を抜ける道のりは、

起伏に富んでいて情緒ある心に染み入る

美しさでした。

Img_0783
漁港にて。

Img_0782
お父さんと釣りをしていた活発な男の子に声をかけて
みたら、色々なことを元気いっぱいに話してくれました。
最高の笑顔に思わずシャッターを切ってしまいました。
魚は子さば。お味噌汁に入れると美味だとか。

Img_0786
今回のコンサートの準備に奔走され、翌日はお疲れの
折にも関わらずドライブに連れていってくださった
カワイ八戸ショップの加藤さんと。

Img_0790
白浜海岸へ向かう途中で。

八戸の皆さまに心から感謝を込めて。

--

by Rutsuko

|

« 藤原洋記念ホールこけら落しコンサート | トップページ | 充電期 »

コメント

八戸公演を観た者です。
ピアノのコンサートというものをはじめて観たのですが、とても感動しました。
そしてすっかり山岸さんのファンになってしまいました(/ー\*)
これからも応援しています(≧∇≦)

投稿: 越中度 | 2008年10月 6日 (月) 10:03

>越中度さま
コメント、大変嬉しく拝読致しました。
この度は、八戸のカワイコンサートにいらしてくださり、本当にありがとうございました。
私もすっかりホットな八戸の皆さんの大ファンになってしまいました!!
また、八戸で演奏できる日を、そして、皆さんと再会できる日を心から願っております。
これからも末永くよろしくお願い致します!!

投稿: るつこ | 2008年10月 8日 (水) 02:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 藤原洋記念ホールこけら落しコンサート | トップページ | 充電期 »