« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

ジャコメッティ展 in 葉山

       Poster_1

行ってきました、ジャコメッティ展!

世界各国から蒐集された充実の作品群。もう、最高でした!

↓感激のツー・ショット!

   Hayama1

デッサン、彫刻、油彩画。それらの作品に見たもの、それは、彼の生き方、人となり、親しかった人達との関係の在り方、眼差し・・・、そして、彼が探究し続けたもの。まさに彼そのものでした。本物に触れる喜び、素晴らしさを堪能しました。さらに、矢内原さんの手記、二人の往復書簡類、電報、写真の数々。これだけの作品が一同に集まる貴重な今回のジャコメッティ展。1日だけではもったいない。最終日まで毎日入り浸っていたい・・・。まだ時間があるので何度か訪れてみようと思います。

 Hayama2 Hayama3 Hayama4

上の写真は神奈川県立近代美術館葉山館の海を見下ろすテラスです。館内にあるレストランはモダンでお洒落、どのテーブルからも見える一色海岸の絶景、お料理も美味しくて大満足。(↑クリックすると拡大画像がご覧頂けます。)

          Book1

しかも!絶版になっている幻の本、矢内原伊作さんの「ジャコメッティとともに」に、未発表の日記・手帖・手紙が撰録された本など貴重本数冊を発見、感動の入手です!

      Book2  Book3

館内で入り浸っている私を見たら、どうかお気軽にお声をかけてくださいね!

20世紀美術の探究者 アルベルト・ジャコメッティ
ー矢内原伊作とともに

神奈川近代美術館

*blogランキング*

| | コメント (5)

2006年6月21日 (水)

ジャコメッティ展

     Giacometti01

先日、鎌倉の小町通りを歩いていたら、ふと視界に入ったお店のウィンドウに、なんと!ジャコメッティ展のポスターが。数年前、鎌倉の近代美術館のジャコメッティ展を逃して、滅多に来ないものと悔やんでいただけに、神奈川県立近代美術館葉山館での開催、思わず目を疑いましたが、信じられません、6月3日から開催しているのです。もちろん行って参ります!

20世紀美術の探究者 アルベルト・ジャコメッティ
ー矢内原伊作とともに

神奈川近代美術館

*blogランキング*今日も1クリックよろしくお願い致します。

| | コメント (2)

2006年6月20日 (火)

京都&大阪

カワイ・ストアイベントでのミニライヴのため、17日・18日は京都と大阪に行ってきました。新しく発売された新KシリーズSiシリーズピアノでの演奏は、手ごたえのあるタッチ、幅の広いダイナミクス、多彩な音色の表現、特にソフトペダルでの微細な表現の幅の広さに、改めて音楽性の追求が反映された現代のピアノ製作技術の高さに感嘆しました。

大阪のカワイ梅田ショップでは、ワンポイントレッスンも行いました。感受性が溢れんばかりの子供達とのレッスンでは、一緒にイメージを膨らませ、キラキラと眼を輝かせながら素直にストレートに音に表し反応する彼等から、生命力溢れた、興奮と喜びに満ちた貴重な時間を与えられました。

京都では、明るく笑顔がとっても素敵なスタッフの方々との出逢いがあり、短い時間でしたが、とっても楽しいひと時を。そして大阪は、4月堺市のカワイコンサートでお世話になった方々と再会でき、心暖まる、大変嬉しい再訪になりました。

それにしても子供達の天然パワーはすごい。エネルギー、かなり吸い取られてしまいました。。

*blogランキング*←いつもありがとうございます。

| | コメント (2)

2006年6月11日 (日)

海老名公演

海老名でのカワイコンサート、無事終わりました。

素敵なホール、豊かな響きに恵まれた音響、素晴らしい楽器、満席の会場、最高の調律&スタッフの皆様、至福の時を頂きました。

そして、サイン会では多くの方々が嬉しいお声をかけてくださいました。また、応援し続けてくださっている方々との再会、わずかな時間でしたが濃密で大切なひと時を。そして、今回はコメントをお寄せくださった方もお声をかけてくださり、ブログから始まった素敵な出逢いを体験。ブログの喜びを頂いた瞬間でした。

残念なのは、サイン会時などの写真が撮れなかったこと。どなたか写真を撮られている方がいらしたら、ご提供願います!

6月10日感謝を込めて。


*blogランキング*

| | コメント (6)

2006年6月 4日 (日)

ラザール・ベルマン・エディション

        Lazar

先日イタリアからベルマン先生のCD情報がメールで入りました。

これはベルマンファミリーにとって待望のニュース。

以前からオランダのレーベルから発売されると言われていたけれど、いつになるのか皆目検討がつかず、この間、3月にフィレンツェに滞在していた時も奥様のヴァレンティナ先生とその話をしていたところだったのです。

そんな中での嬉しいニュース。

リスト作品はもちろんのこと、ベートーヴェンの「月光」「熱情」、ショパンのエチュードやラヴェルの「夜のガスパール」、プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」など、先生の貴重な録音がかなり網羅されていて、大変興味深いものです。

当初はヨーロッパ限定発売なのかと思っていましたら、日本でも予約受付していました。
"HMV.co.jp - オムニバス(ピアノ) - ラザール・ベルマン・エディション" で詳細をご覧頂けます。


*blogランキング*今日も1クリック宜しくお願い致します。

| | コメント (11)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »