2006年12月31日 (日)

感謝の気持ちを込めて。

昨年の今日、日本を飛び出してから

約12年におよぶ海外生活に区切りをつけて

帰国してからというもの早一年。

今年も最後の日を迎えました。



一人立ちのスタートでもあった2006年は、

師から離れて初めて、教えが血となり肉となっていたことに

気づき、師から受け継いだものに支えられ、土台とし、

過程を作り、自信が培われた、何にもかえがたい

財産であることを実感し続けた年でありました。


また、活動を続ける中では、出逢いと深められた絆から、

多くの人に支えられ、助けられ、凝縮された一瞬一瞬が煌く

喜びを分かち合うことができた実り多き年となりました。



お世話になった皆さま、見守り続けてくださっている皆さま、

会場にいらしてくださった皆さま、煌く一瞬を共にしてくださった

全ての皆さまにこの場をお借りして心より深く感謝申し上げます。

また来年も皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

皆さま、良いお年をお迎えください。

--

ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

Merry Christmas!!

Blog0065

今日はクリスマスですね。

海外の友人達からもぞくぞくとクリスマスメールが届いています。

フィレンツェ時代は、25日0時の鐘の音と共に必ず

教会のミサに行っていましたが、今年帰国後初めての

クリスマス in Japanでは、一味違ったクリスマスホリデーを

楽しんでいます。

Blog0085

皆さんはどんなクリスマスを過ごされていますか?

--

↓今日も忘れずに!

ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

オフ便り

しばらくご無沙汰してしまいました。

首を長~くして待ち続けてくださっていた皆さま、ごめんなさい。



先日、私の大好きなお姉さま、

まこりんこと高瀬麻里子さん率いる

トランスパランスのライブに行ってきました。

まこりんは、劇団四季出身で、谷川賢作さん率いる

"Diva"のの歌姫でもあり、NHKアニメ「ぶぶちゃちゃ」の

主題歌も歌っている多才なヴォーカリスト。

クラシックからノージャンルに至るまで、自由自在に声を操り、豊かな色彩と、限りなく美しいハーモニーの世界を作り上げるそのステージは、もう、感動のひと言。

人間の声ってこんなに美しいのだと、ため息がでました。

来年は共演もあるかも??

皆さま、要チェック!

高瀬麻里子公式サイト

トランスパランス


そして、その日一緒にライブを楽しんだのは、

マニラ日本人学校時代の旧友と中学の同級生。

小さい頃からの友達っていうのは、いいもんです。

良い音楽と良い友、とっても素敵な夜でした。

--

↓今日も忘れずに!

ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (2)

2006年11月25日 (土)

コミュニケーション

最近イタリアにいた頃の仲間たちとの交流が活発です。

私が日本に帰国すると決まった時、彼等にしてみれば、ルツ子は遠い遠い東方のアイランドにいってしまう、といった感覚だったようですが、今ではメール、チャットはもちろんのこと、スカイプの無料国際電話、ビデオ電話もあって距離はほとんど感じられないほどです。

そんな中でも極めて無精者の私は、友達への甘えも手伝ってメール返信などをかなり怠る。そこで、心ある私の友たちは、"Frype.com"なるものに誘ってきました。

これは日本でいう"Mixi"のような紹介制度のソーシャルネットワークサイト。"Mixi"や"Gree"など、このブログ読者の皆さんの中にもすでに入っている方はいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、この"Frype"は英語圏の国々をはじめほぼ全てのヨーロッパ言語に対応しているため、「お友達」はかなり国際色豊かに広がっていきます。

私の仲間は、主にベルマン・ファミリーの中でも6年通ったリトアニア時代に交流を深めた仲間達なので、数人のイタリア人の他はリトアニア、ラトビア、ロシア系がほとんどです。

自国にいる人、留学先のドイツやノルウェーにいる人、と皆様々に散っていますが、ほぼ毎日のように"Frype"に顔を出し、足跡を残していってくれたり、ひと言メッセージを残し、はたまた自分の演奏の録音や写真を共有し合いながら、おのおのが好きなときにやってきて何らかのコンタクトを取り合っているので、まるで距離を感じさせません。

こういったサイトの便利さは、その人のページに訪れるだけで、自分が訪れたことの履歴が写真と共に残り、相手に伝わるので、メールやメッセージを出さなくても挨拶代わりになり、気楽に交流できるところです。

それでも無精者の私は、毎日は訪れませんが、でも世界に散らばっている仲間がつながっている、と思える一点があるというだけで、想いがぐっと近くなるから不思議です。

実は"mixi"、 友人何人かが私の応援コミュニティーを運営してくれているとのこと。それなのに何故か私は未だ未招待。実はちょっと覗いてみたい衝動にかられているのだが、さて、いかに。

どーして、誰も私を招待してくれないの???(笑)

ブログランキング→いつもありがとうございます!

by Rutsuko

| | コメント (3)

2006年11月13日 (月)

江ノ電

昨日オケとのリハーサルで、練習会場がある柳小路駅へ行くために江ノ電に乗ってきました。

江ノ電

一度は乗ってみたいと興味津々だったものの、今まで乗る機会がなかった江ノ電。ワクワクしながら乗った藤沢ー鎌倉間(約10キロ)を結ぶ2車両(4車両編成もあるそうです)・単線電車は、古い木の床でレトロ感100%。柳小路駅は無人駅で車掌さん自ら切符を回収していたのには驚きました!住宅街・街中・山・海と様々な景色の中をゆっくり走る江ノ電。ゆったりとした時の流れの中で、時を味わう大切さ、昔の懐かしさ暖かさみたいなものが感じられて、心癒されるひと時でした。

藤沢駅の富士山

帰り際、藤沢の駅からふと窓外を見たら富士山が見えました!

現在16位→ブログランキング

リンク:江ノ電

By Rutsuko

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

試み

今は、来週のレクチャー、11月のリサイタル、そしてコンチェルト、3つプログラムを抱えて勉強の日々です。

とりわけレクチャーに関しては、演奏のみで表現するコンサートとは違って、普段音楽と向き合う時に大切にしていること、考えていること、試みていること、音にする段階で感覚的に捉えている部分、、、などを言葉でも伝えなければならないので、それをどのような形でいかに伝えることができるのか、普段は使わないサイドの脳をフル回転させるがごとく、ひたすら七転八倒。。。

ただ、今回選んだのは長年弾いている曲目なのですが、レクチャーのテーマに視点を置いて取り組む中で、より明瞭に見えてくるものあり、新たな発見あり、様々な事柄が再確認させられる、貴重な取り組みでもあります。

日々の探究の中で、キーポイントは、以外になんでもないところにあったりして、ちょっとすると見逃してしまいそうな些細なことだったりします。そんなことが、他の人にとってどれだけの感心と価値があるのか知る由も無く、不安材料だったりするのですが、でも、その些細な発見が、自分にとって作曲家の精髄に触れる、謎を紐解く鍵であったり、音楽の流れを変えるような大切なことだったり、とてつもなく大きな喜びとなりえたりして、人生をかけた音楽の飽くなき探究を続ける一つの大きな動機となっているのも事実。そんな喜びをレクチャーでは伝えていきたい、と思っているのですが、これがいかに。

レクチャーとリサイタルとコンチェルト。今は、同じ音楽でありながら、三つの異なる要素を必要とされる作業を試行錯誤。しかも三つの本番の間にはそんなに時間がありません。果たして切り替えもいかに。課題は山ほどだー。


↓大きな励みになっています。今日も1クリックお願い致します!
ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (2)

2006年10月 8日 (日)

リハーサル

江ノ島

今日は11月藤沢公演のコンチェルトのリハーサルで、オーケストラと初合わせをしてきました。

今日の練習場所はなんと、江ノ島。江ノ島にホールがあったなんて皆さんご存知でしたか?

今回弾く曲はモーツァルトのピアノコンチェルト26番「戴冠式」。いつも思うことですが、モーツァルトは、やっぱり難しい。特に最初の一回で、ある程度納得いく演奏ができるには、よほど弾きこんでいないと本当に怖いです。

今日は、合わせをしているうちに、自分のペースもオケのペースも次第に摑めてきて、かなり自由になってきましたが、初っ端の通しは怖かった~。けれど、オケとの合わせが楽しくなってきた頃から、一人で練習している時とは違い、オケとの掛け合い、対話がとっても面白くなってきて、全体で捉えた時の大きな音楽の方向性が見え、細部における遊びのインスピレーションがどんどん湧いてきたので、最後にはずーっと練習していたい気持ちになりました。

やっぱりモーツァルトは良いなぁ。

まだまだ改善しなければならないものはたくさんあるので、あとひと月と少し、良い演奏ができるように頑張ります!

今日は快晴の中、休日ということもあって、江ノ島は大変な人でした。車では到底辿り着けないと思い、電車で向ったのは大正解。おかげで初めて弁天橋を歩いて渡り、富士山を見ることができました!

弁天橋から望む富士山

帰り道には、富士山に沈む夕日がお出迎え、なんとも幸せな1日でした。

弁天橋から望む夕日

順位が上がってきています!皆さん感謝!→ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (3)

2006年9月22日 (金)

日本に戻りました。

無事戻って参りました。

帰ってきてからは、湿気との戦いです・・・。

ピアノが鳴らない、身体が重い!


今回はフランス・パリ経由でフィレンツェ往復をしてきましたが、

この度パリの空港で新サービスを発見。

Paris

なんだかわかりますか?

写真ではわかりにくいのですが、これ、マッサージなんです。

マッサージブームはヨーロッパにも上陸、と拝察しました。

私が長年、空港内に望んでいたものです。


さて、ほっとするのも束の間、明日(すでに今日・・)から札幌に行って参ります。

生まれて初めての北海道。楽しみに楽しみに行って参ります!

今日も忘れずに!→ブログランキング

by Rutsuko

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

プロフェッショナル

今日は、気づけば半年も切っていないボサボサ頭を なんとかしようと、気分転換を兼ねてヘアカットに行ってきました。

いつもお世話になっているKINGDOMの嶋根さんとは、彼も書いているブログの話題に始まり、仕事に対する考え方など、 同じように一つの分野を探究し続ける者として、何気ないひと言に共鳴し、話は尽きません。

いとも簡単にはさみを操り、絶妙のバランス感覚とセンスを持ってお客さんの要望を理想の形で実現してくれる嶋根さんは、「お客さんが喜んでくれなければ、ただの自己満足」と言い切る。
お客さんと向き合い、技術と感性をもってその人の持つ美しさを最大限に引き出し、喜びに結実する。シンプルなひと言の中にも、そこに辿り着くまでの歴史が垣間見えたようで、そこには一人のプロフェッショナルの姿がありました。

Kingdom

左は後進の指導も熱心な嶋根さん、右はトリートメントを担当してくださった弱冠21歳の立花くん。

3人の会話の中で、前をしっかり見据え、澄み切った瞳で「僕は自分が大好きです。」と臆せず発せられた立花くんの言葉がとっても印象的でした。ちなみにトリートメントで髪はツヤツヤ、最高に気持ちの良いマッサージで、夏の疲れも吹っ飛びました。

ブログランキング←いつもありがとうございます。

by Rutsuko

| | コメント (2)

2006年8月 7日 (月)

一考

人はバカになる事も大事かもしれない、と思う。

走り続けることを止めて、

ふと、静止する瞬間。

からっぽの瞬間。

やがて、それに飽きたかのように、満たしたくなるかのように

湧き出すエネルギー。

そんな瞬間の訪れから生まれるものも面白い。

⇒ブログランキング

| | コメント (4)

より以前の記事一覧